多くの看護師に共通する悩みのタネ

二年ほど前から、病院事務として勤務しております。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、どの方もいつもせわしなく働かれています。

仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。しかし、案外、「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。

自分の子供と一緒に参加している看護師さんが結構目立つんです。参加されていた先生方からも歓迎されていて温かい雰囲気でした。
看護師が別の病院で働きたいと思う場合にも、公共職業安定所で相談したり、求人情報誌などに目を通して見つけようとするのが普通だと思います。しかし、よく考えてみるとこうした機関で人を募集する病院というのは多くはありません。ハローワークとか求人情報誌などで、看護師を募集している病院は働く条件が悪かったり、職場環境がよくなかったりで、求人数に対して、応募人数が少ない病院です。多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係のストレスや交代制による不規則な勤務形態があります。
やはり、女性が多い職場ともなると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくありません。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。
自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもアリだと思います。交通事故によって救急搬送された場合に、医師が見つけられなかった私の鎖骨の骨折を発見して処置を施してくださったのは若い看護師さんだったのです。

後で知ったのですが、かなりお若いのになんと看護師長さんだったのです。

きっと能力評価が正当に行われた結果だと感じます。
看護師の方が職変えをする際に自分が願う職場の具体的な条件がイメージできないケースもあるかもしれません。
そんな場合、やはり、求人情報の数が多い看護師転職サイトを利用する方が、自分が望んでいるような転職先を見つけられます。全国的に看護師が不足している現状は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。

その原因として代表的なものは、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。
法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事量が増加し勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。

交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、看護師を退職する人も珍しくありません。転職サイト、看護roo!の中の看護師のコミュニティサービスも、経験豊富な先輩看護師からの助言や看護師ならではの話題がたくさん読めますから、ずいぶん人気を集めています。
それと、看護師に関係した質問とか疑問、それから、その答えもすぐに読めるので、きっと参考になるでしょう。

昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。

しかし、家の都合によって会社員として働くことになりました。

しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも出来たのですが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。
看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望理由です。どういう訳でその勤務場を選んだのかを好印象となるように示すのは簡単ではありません。給与アップ、休日が増える等のそうした好待遇にフォーカスするより、ナースとしてスキルアップしたいといった、将来性を連想させる志願内容が比較的パスしやすくなるでしょう。
首都、そして、周辺の地域の求人情報に特化していてよく名前を知られているのが、看護師の転職ウェブサイトである看護roo!ではないでしょうか。取り扱い求人件数もかなり多くあり、サイト訪問者は、情報量が豊富なので、満足されているのでしょう。

求人数がたくさんあれば、希望通りに転職できた人も大勢いるということでしょう。

看護師のための転職サイトの中に、お祝い金があるところが存在しています。転職をしてお金を受け取ることができるのは得した気分ですよね。けれど、お祝い金を受け取るためには条件を満たす必要があることがほとんどですから、チェックを事前にきちんとしておくようにした方がよいでしょう。

また、祝い金を出してくれないところの方がその他のサポートが良いこともあります。毎日、看護師として頑張っている中、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。楽ができる病棟はどこだろう、と真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。

一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない診療科としては、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。

ですが、どういった病院か、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、業務のハードさについては差があります。

正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必須です。
看護師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。

ですからこうした専門学校に合格するための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。

准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信で学べる学校も存在しますから、興味があれば調べてみてください。
大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。

なかなかきつい仕事であることは確かですし、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。大変だと知りつつ、看護師という職業を目指そうとする人が大勢いるというのは、デメリットに目をつぶることが可能なくらい良い点がたくさんあるということなのでしょう。

そもそも、看護師というのは、病院などの医療機関ですごく重要な役割を担っているのです。
ただ、多くの病院や医療機関などでは看護師不足に頭を痛めているというのが現在の状況です。残念ながら、医療の場では、看護師の不足した問題を解消しておりません。
今後は、ちょっとでも早くこういった問題を解決していかなくてはなりません。

看護師の仕事としては、どのような業務があるのでしょうか。朝の間に、昨日の夜勤の担当者より、患者の情報を得て、業務の引き継ぎを行います。この業務は、夜勤や日勤の交代において必ず実行される「申し送り」という名の業務です。それが完了すると、入院中の患者さんのバイタル測定を行い、清拭や入浴の介助を必要にあわせて行うのです。
看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。

日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。

そしてまた、外来勤務では夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。
忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、特に大病院や、人気の診療科などがあると大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。

自分が求める詳細な条件まできめ細かに整理して、次に、転職のサイトを選んでみてください。
この過程を踏むことで、自然に自分が求めているような転職先が紹介されているのかが、見えてくるようになるのです。
自分に合った看護師転職サイトを見つけるためには、まず、あなたの希望をしっかりとあなた自身で知っておくことが大事なことです。

ただ何となく、「転職しようかな」と考えているようでは、自分に合う新しい職場など見つかるはずがないと思いませんか。

24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。

職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、まだ勤務年数が短いうちはシフト勤務は避けて通れないと思います。

妻が子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに困った事を覚えています。看護をお仕事とする人々の勤務先というと病院という印象が大概でしょう。しかし、看護師というお仕事を活かせる職場は、病院以外にも様々なところにあるのです。保健所で保健師という職業の方と連携し、健康に関する様々なケアを地域の住民のためにしてあげることも看護師のお仕事の一つでしょう。

また福祉の施設では常に医師が駐在しているところは少なく、医療のほとんどは看護師によって行われます。

看護師にとってもちろん辞めたくなることも往々にして起こります。

仕事自体で間違ってしまうことや患者さんとのトラブルなどもあるのです。しかし、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと思うことはいっぱいあります。
時に厳しく、時に優しい諸先輩方。

日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。

もはや日本は超高齢化社会です。

病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。

労働環境は、決して整っているとは言えず、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。
では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。
看護師が転職で結果を出すためには、これから先のことを考えて早い段階で行動を起こしておくことが大切です。

そして、何が大切であるかを決定的にしておいた方がいいでしょう。

将来どんな風になりたいのかを明らかにして、その将来設計に合った転職先の情報を幾らかずつでも集めておいてください。

年収、職場環境、勤務形態など、自分には絶対必要な条件も想定しておきましょう。

普通、看護師としてキャリアを積んでいくと昇進し、階級が上がることがあります。例えば、婦長といったら誰でも知っている役職ですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。

いまは、学生やパートの看護師が珍しくなくなってきましたから、国家試験をパスした正看ともなれば上の役職であることは理解できると思います。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。

叔母にあたる人が、とうとう離婚をしてふるさとに戻ってくることになりました。
久々に会った思っていたより叔母は元気そうで、「私は看護師をしているのだから、どこへ行ったとしても仕事には困らない。ダメ夫に面倒見てもらわなくても生きていけるわ」と強がりではなく、笑っていました。
少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、病院などの医療の現場で働く人々がますます必要とされる可能性があります。

なので、既に不足している看護師なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。
年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、それでも看護師が足りていないのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一つの理由といえるでしょう。看護師の資格を得るための国家の試験は、1年に1回行われます。

看護師不足を問題視している日本にとってはハッピーなことに、ここ数年の看護師資格の合格する率は90%前後ととんでもなく高い水準を維持しております。
看護師の国家試験は、大学入学のような落第させるための試験ではなく、一定のラインをクリアすることができれば合格する試験です。

看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。
実際にはどのくらいだと思いますか?資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、90%近くが毎年合格できているようです。試験そのものも、それまでの学校生活で普通に勉強していた人だったらそんなに難しい試験ではありませんので、特別に取得が難関な資格という訳でもないようです。

看護師って病院での仕事で結構、手堅い職業と思われがちですが、けっこう大変な職の割には給与はたいしたことはないです。
婦長クラスにまで昇進したらともかく、多くの人は大変な割にはいまひとつって感じの額なのです。安月給でイヤになり、辞める看護師も少数派ではありません。